1. トップ
  2. 地域共生型再エネ事業化形成支援プログラム

地域共生型再エネ事業化形成支援プログラム

地域共生型(※)再生可能エネルギーの導入による地域貢献や地域資源の活用等により、地域が抱える課題(地域資源の有効活用、地域活性化、人口減少、観光まちづくり、社会福祉など)の解決を図る取組みや、脱FITの取組み等を促進するため、再エネコンシェルジュは、事業化に向けた、調査、協議、手続等に関する助言を行うとともに、事業化までの支援を行います。
再エネコンシェルジュが事業化形成支援を行う事業計画は公募により決定します。
(令和元年度地域共生型再エネ事業化形成支援プログラムの公募は現在準備中です。公募情報が決まり次第掲載させていただきます。)

(※)地域共生型とは、例として以下のような事業を想定していますが、具体的な案件抽出にあたっては審査委員会の場で決定いたします。
・地域資源を活用し、雇用の創出や地域活性化を促す事業
・再エネによる発電・熱事業が地域拠点の1つとして再エネの普及啓発や人々の交流が図られる事業
・防災や減災、停電対策に資する事業、その他地域に副次的な効果をもたらす事業等

平成30年度の案件形成支援プログラムはこちら

平成29年度の案件形成支援プログラムはこちら

平成28年度の案件形成支援プログラムはこちら

TOP