1. トップ
  2. 国の支援施策活用事例集
  3. バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業を活用した事例

国の支援施策活用事例集

国による施策を活用した再生可能エネルギー事業の事業概要、施策の活用内容について具体的な事例を紹介しています。

事例 13
バイオマスの熱・電併給カスケード利用による地域再生自立システム
バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業を活用した事例
「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/ 事業性評価(FS)」「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/実証事業」を活用
写真 1
写真 2
■ 事業及び発電設備の概要
熊本県玉名郡南関町の「バンブーフロンティア事業」にて建設する竹加工工場(バンブーマテリアル(株)(以下BM社))及び原料1次処理工場(バンブーフロンティア(株)( 以下BF社))に併設するバンブーエナジー(株)(以下BE社)の事業計画を策定し、バイオマスによるエネルギー供給の事業可能性を評価した。
BM社では、竹を主原料とした新建材、ナンカンボードとBamWoodを生産するが、主原料に不向きな残材、枝葉をBF 社で選別し、この竹とバークをBE社に設置したバイオマス燃焼炉で燃焼し、熱及び電力をBM社に供給する計画である。BE社のエネルギー供給システムについては、検討の結果、熱媒油を使用するORC熱電併給システムを採用し、995kWの電力供給と2,800kWの熱媒油供給、2,800kWの温水供給をバイオマスで行うこととなった。
現在設備の建設を終え、上記事業可能性評価の結果を踏まえて、実証試験を実施中である。
写真 3
■ PDFデータ・ダウンロード
詳細情報は以下よりご覧いただけます。

TOP